「Exchange Server」と「Office Outlook」によるメール情報漏洩防止(日立、マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

「Exchange Server」と「Office Outlook」によるメール情報漏洩防止(日立、マイクロソフト)

株式会社日立製作所とマイクロソフト株式会社は6月8日、メールの情報漏洩防止を実現するソフトウェア「メール割符 for Exchange Server」を開発し、企業や自治体向けに6月12日から販売を開始すると発表した。本製品は、マイクロソフトの統合メッセージングソフトウェアM

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立製作所とマイクロソフト株式会社は6月8日、メールの情報漏洩防止を実現するソフトウェア「メール割符 for Exchange Server」を開発し、企業や自治体向けに6月12日から販売を開始すると発表した。本製品は、マイクロソフトの統合メッセージングソフトウェアMicrosoft Exchange ServerとクライアントメールソフトウェアMicrosoft Office Outlookを組み合わせたメールシステムに、秘密分散法を応用した割符機能をアドインするメールソフトウェア。価格は26,250円から(税込)。

本ソフトウェアを搭載している専用USBフラッシュメモリをPCに差し込み、Outlookのツールバーに表示されたボタンを押すだけですぐに利用できる。送信時は、メールの本文と添付したデータファイルを自動的に複数のメールに分割(割符化)して送信する。受信時には、割符化された複数のメールを受信後に復元し、本文や添付したデータファイルの閲覧を可能とする。専用USBフラッシュメモリを抜くと、割符化する前の状態に復元できないため、保存されているメール情報の閲覧ができなくなる。また、宛先の間違いなどによる誤送信をしても受信者は閲覧できないほか、途中でメールを盗み見ることもできないため、メールによる情報漏洩を防止し、高いセキュリティレベルを実現できる。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2006/06/0608.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×