匿名による電子商取引を行うための認証アルゴリズムを開発(ディー・ディー・エス) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

匿名による電子商取引を行うための認証アルゴリズムを開発(ディー・ディー・エス)

株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は6月5日、東京大学先端科学技術センター(安田 浩教授)、ソルコムと三者共同で経済産業省から受託した「新世代情報セキュリティ研究開発事業」として、「匿名による電子商取引を行うための認証アルゴリズム」を開発し、経済産業省

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は6月5日、東京大学先端科学技術センター(安田 浩教授)、ソルコムと三者共同で経済産業省から受託した「新世代情報セキュリティ研究開発事業」として、「匿名による電子商取引を行うための認証アルゴリズム」を開発し、経済産業省へ中間報告を完了したことを発表した。

新開発した匿名認証アルゴリズムは、決済機関が発行する暗号化された「商品購入鍵」をユーザーが取得し、携帯端末で匿名化してから、商店等に渡して購入申し込みをするもの。カード番号等の重要な個人情報を相手方に開示することなく安全・確実な商取引を実現できる。

http://ir.eol.co.jp/EIR/3782?task=download&download_category=tanshin&id=362448&a=b.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×