仮想化技術を活用したシンクライアント・ソリューションを提供(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

仮想化技術を活用したシンクライアント・ソリューションを提供(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM)とClearCube Technology社は5月31日、仮想化技術を活用したシンクライアント・ソリューションを6月1日から提供すると発表した。新ソリューションは、IBMのブレードサーバ「BladeCenter」、ClearCube Technologyのシンクライアント「I/Port」とクライアントからの業務処理(トランザクション)をサーバ側へ最適な分配を行うソフト「Grid Center」、さらにVMware仮想化インフラストラクチャーソフトを組み合わせたもの。BladeCenterを採用しているため、クライアント数の増加に柔軟に対応できることが特徴で、またシステムを止めることなくパッチ等の保守作業が行
なえる。

http://www-06.ibm.com/jp/press/20060531001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×