検疫システムと不正侵入防御を統合したセキュリティアプライアンスを発売(ソリトンシステムズ) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

検疫システムと不正侵入防御を統合したセキュリティアプライアンスを発売(ソリトンシステムズ)

株式会社ソリトンシステムズは5月31日、米フォアスカウト・テクノロジーズ社のセキュリティ・アプライアンス「CounterACT」を、6月1日より販売開始すると発表した。同製品は、検疫システムと不正侵入防御システムを1つにしたセキュリティシステム。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ソリトンシステムズは5月31日、米フォアスカウト・テクノロジーズ社のセキュリティ・アプライアンス「CounterACT」を、6月1日より販売開始すると発表した。同製品は、検疫システムと不正侵入防御システムを1つにしたセキュリティシステム。

専用ソフトウェアの必要がないクライアントレス型の検疫機能により、PCのOSやブラウザのバージョン、パッチ適用状況などをチェックし、持ち込みPCなどによるウイルス感染や情報漏洩を予防する。また、IPS機能により検疫システムやアンチウイルス製品では対応できない新種のワームや不正アクセスといった攻撃を、リアルタイムで防御する。価格は100Mモデルが275万円、1Gモデルが800万円。

http://www.soliton.co.jp/news/nr/26_03_forescout_counteract.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×