アエリア、ゲームポットのサーバ内のHDD紛失が判明、最大6万4千名を超える情報流出の可能性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

アエリア、ゲームポットのサーバ内のHDD紛失が判明、最大6万4千名を超える情報流出の可能性

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社アエリアは5月29日、同社の連結子会社である株式会社ゲームポットから委託され、アエリアが管理しているサーバ内のHDD30台が紛失していることが判明したと発表した。これらのHDDには、最大で6万4,207名分のユーザ登録データが記録されていた可能性があるとして、5月29日午前10時45分にサービスを停止し、該当ユーザのパスワードを変更する措置を行っている。措置が完了次第、サービスを再開する予定だ。

流出した可能性のある情報は、
「君主」のユーザ登録データ(紛失した日時が現時点で不明なため、理論上の
最大値を記載)ユーザID、パスワード、性別、年齢が37,692名分およびメール
アドレス 14,342名分。
「スカッとゴルフ パンヤ」のユーザ登録データ、ユーザID、ニックネーム、
名前、住所、電話、メールアドレスが1,878名分。
「プチコミ」のユーザ登録データ(紛失した日時が現時点で不明なため、理論
上の最大値を記載)メールアドレスが10,295名分。

なお、クレジットカード番号等の決済情報に関しては、決済業務を他社へ委託しているため、情報が流出した事実はないとしている。

アエリア:ハードディスク紛失に伴う一部個人情報紛失について
http://www.aeria.jp/aeria/ir/pdf/H180529_11.pdf

ゲームポット:ハードディスク紛失に伴う一部個人情報紛失について
http://www.gamepot.co.jp/pdf/ir_release/060529_privacy.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×