データの漏洩やファイルの改竄からLinuxサーバを守るホスト型IPSを発表(ISS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

データの漏洩やファイルの改竄からLinuxサーバを守るホスト型IPSを発表(ISS)

インターネット セキュリティ システムズ株式会社は5月23日、Linuxサーバなどを外部からの不正な攻撃等から守るホスト型IPS、「Proventia Server Intrusion Prevention System for Linux」を発売した。同製品は、発売中の「RealSecure Server Sensor 6.5.1 for Linux」

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
インターネット セキュリティ システムズ株式会社は5月23日、Linuxサーバなどを外部からの不正な攻撃等から守るホスト型IPS、「Proventia Server Intrusion Prevention System for Linux」を発売した。同製品は、発売中の「RealSecure Server Sensor 6.5.1 for Linux」の後継製品。

Red Hat Enterprise Linux 3.0 AS/ESに対応しているほか、プロトコル分析モジュール(PAM)による高精度な不正侵入防御機能、OS監査ログやシステムログの監視、Apache Webサーバで利用されるSSL通信(HTTPS)を監視・分析し、通信に
含まれる攻撃を検知する機能を備えた。また、メモリバッファオーバーフローを引き起こそうとする悪意のあるコードをブロックする機能も搭載している。価格は1ライセンス20万円(税別)から。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press06/psl_20060523.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×