中部電力関係会社からの情報流出、調査でさらに流出内容拡大が判明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

中部電力関係会社からの情報流出、調査でさらに流出内容拡大が判明

製品・サービス・業界動向 業界動向

中部電力株式会社は5月19日、同社が5月14日に発表した同社尾鷲三田火力発電所に関する情報が流出した事件で、継続調査の結果、消防関連設備に関する情報も流出していたことが判明した。新たに流出が判明した情報は、消防関連設備の点検記録や研修・訓練関係書類など25件。なお、流出した情報に核物質防護に関する情報や顧客情報は含まれていないとしている。同社では、今後の再発防止を図るために、関係会社を含めて厳正な管理を徹底していくという。

中部電力:当社火力発電所に関する資料の情報流出について(続報)
http://www.chuden.co.jp/corpo/publicity/press2006/0519_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×