量子暗号システムの相互接続実験に国内で初めて成功(三菱電機、NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

量子暗号システムの相互接続実験に国内で初めて成功(三菱電機、NEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

三菱電機株式会社、日本電気株式会社(NEC)、東京大学生産技術研究所は5月12日、絶対的な安全性を物理法則で保証する量子暗号システムの相互接続実験に、国内で初めて成功したと発表した。量子暗号システムは、従来の暗号システムと違い、光子の量子状態を利用してデータを運ぶもので、盗聴されたことを必ず検出できるという特長があることから、絶対に解読されない究極の暗号として実用化が期待されているもの。

三菱電機とNECはそれぞれ独自に量子暗号システムの開発をしているが、今回、暗号システムを相互に接続するインターフェース機能と暗号鍵を共有する機能を新たに開発し、その方式を用いて実証実験を行い、複数の量子暗号システム間で利用可能なことを確認した。また、安全性の検証は、第三者の東大生研が評価を行った。今回の実験成功により量子暗号システムの標準化を進める基礎技術が確立できたことになる。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0605/1202.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×