地震や火災などでデータ損害が発生した際に修復費用を補償する「リスク補償付きハウジングサービス」を提供開始(NTT西日本、東京海上日動火災) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

地震や火災などでデータ損害が発生した際に修復費用を補償する「リスク補償付きハウジングサービス」を提供開始(NTT西日本、東京海上日動火災)

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)と東京海上日動火災保険株式会社(東京海上日動)は5月9日、NTT西日本の「データセンタソリューション」にて、同データセンタにおけるサービス利用者の情報システム(ハードウェア)に障害が発生した場合、その修復費用を補償する「

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
西日本電信電話株式会社(NTT西日本)と東京海上日動火災保険株式会社(東京海上日動)は5月9日、NTT西日本の「データセンタソリューション」にて、同データセンタにおけるサービス利用者の情報システム(ハードウェア)に障害が発生した場合、その修復費用を補償する「リスク補償付きハウジングサービス」の提供を開始した。

同サービスは、データセンタのラック中に格納されている顧客のサーバ、ルータなどのハードウェアに地震・火災などの自然災害、何らかの外部要因やハードウェアの設置作業中の事故などの偶発的事故により損害が発生した場合、その修復費用を1ラックあたり最大300万円まで補償するというもの。提供地域は大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、愛知、岐阜、静岡、石川、福井、広島、福岡、熊本、宮崎、鹿児島の15府県。

http://www.ntt-west.co.jp/news/0605/060509a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×