シティバンク、システム障害により27万件以上の取引に二重処理などが発生 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

シティバンク、システム障害により27万件以上の取引に二重処理などが発生

製品・サービス・業界動向 業界動向

シティバンクは5月9日、エヌ・エイ在日支店においてシステム障害が発生し、5月2日から5月8日までに行われた27万件以上の取引に二重処理などが発生したと発表した。影響は円普通預金、円当座預金、米ドル普通預金、アドバンスマネー、インターナショナル・ローンカードと多岐に及んだ。5月10日までに修正処理が完了し、現在では正常になっている。

処理障害が発生したのは、5月2日に顧客が行った入出金取引約69,800件すべてにおいて、5月9日に同処理が二重に行われた。また、5月3日から5月8日に行われた取引約205,000件すべてにおいて、同行における取引処理は顧客の指定どおりに執行されたにも関わらず、顧客の取引履歴に反映されていなかった。同行では、今回のシステム障害の原因が新規プログラムの導入にあったと5月10日に発表している。

シティバンク:顧客口座取引処理における障害の発生について
http://www.citibank.co.jp/info/transaction_Processing_incident.html
http://www.citibank.co.jp/info/transaction_Processing_incident2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×