栄光、生徒募集用の中学生の名簿など約1,200名の個人情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

栄光、生徒募集用の中学生の名簿など約1,200名の個人情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社栄光は4月17日、同社が運営する学習塾「栄光ゼミナール」の生徒募集用の名簿などがネットワーク上に流出していたことが判明したと発表した。流出した個人情報は、生徒募集用1,207名分の名簿(2003年11月に使用したあきる野市および福生市一部地域の、当時中学2年生・中学3年生の氏名、生年月日、保護者氏名、住所、このうち252名には電話番号も含む)、栄光ゼミナール福生校塾生14名分の学習経過の記録(氏名、学年、授業日などを含む)、1名分の勤務の記録の合計1,222名分。

原因は、同社の非常勤講師が不要になったFDを個人所有のPCで再使用したところ、上記の名簿が消去されないまま残っており、これに気づかずに内容をPCにコピーしていた。このPCがWinnyウイルスに感染し、個人情報のファイルが流出したという。

栄光:お客様情報等の流出に関するお詫びとお知らせ
http://www.eikoh.co.jp/documents/2006-4-17.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×