三重県の町役場の窓口端末に、指静脈認証装置を全国の自治体として初導入(日立製作所) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

三重県の町役場の窓口端末に、指静脈認証装置を全国の自治体として初導入(日立製作所)

株式会社日立製作所は4月11日、三重県度会郡度会町が、住民情報システムに同社セキュリティPCと指静脈認証装置を組み合わせた窓口端末を導入したと発表した。それぞれ5月8日から稼働を開始する予定。なお、住民情報システムは株式会社松阪電子計算センター(MEC)が構築

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社日立製作所は4月11日、三重県度会郡度会町が、住民情報システムに同社セキュリティPCと指静脈認証装置を組み合わせた窓口端末を導入したと発表した。それぞれ5月8日から稼働を開始する予定。なお、住民情報システムは株式会社松阪電子計算センター(MEC)が構築する。

今回採用されたのは、ハードディスクレスで業務情報を本体に一切格納しないセキュリティPCと認証デバイス「KeyMobile」、および指の静脈パターンを用いて職員の認証を行なう指静脈認証装置。また、MECの総合住民情報システム「Mscope/e-ADWORLD」は、オープン系システムによるコストダウンと汎用機をも上回る可用性の実現を両立するもの。度会町は今回の整備によりコスト削減を図るほか、高セキュリティの実現により住民情報を情報を守りつつ、住民満足度の向上に努めるという。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2006/04/0411.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×