米eEye社製のWinny検索、通信遮断ツール2種を無償で提供(住商情報システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

米eEye社製のWinny検索、通信遮断ツール2種を無償で提供(住商情報システム)

製品・サービス・業界動向 業界動向

住商情報システム株式会社は4月11日、米eEye Digital Security社製のWinny検出・通信遮断ツール「eEye Winny Scanner」および「eEye Winny Monitor」の日本語版を無償公開した。「eEye Winny Scanner」は、IPアドレス範囲を指定してスキャンをかけることにより、組織内でWinnyが動作しているホストがあった場合、それらを簡単に列挙できるもの。ネットワーク負荷が少なく、高速でチェックできることが特徴。

また「eEye Winny Monitor」は、ネットワーク内に流れる暗号化されたWinny2パケットをリアルタイムに解読し、初期鍵送信パケットを検出、その接続元や接続先のIPアドレスを表示する。検出された初期鍵送信パケットによりWinnyノードを特定し、TCP接続をリセット、Winnyトラフィックを強制的に遮断できる。

http://www.scs.co.jp/news/pdf/20060411_2.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×