米eEye社製のWinny検索、通信遮断ツール2種を無償で提供(住商情報システム) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

米eEye社製のWinny検索、通信遮断ツール2種を無償で提供(住商情報システム)

住商情報システム株式会社は4月11日、米eEye Digital Security社製のWinny検出・通信遮断ツール「eEye Winny Scanner」および「eEye Winny Monitor」の日本語版を無償公開した。「eEye Winny Scanner」は、IPアドレス範囲を指定してスキャンをかけることにより、組織内で

製品・サービス・業界動向 業界動向
住商情報システム株式会社は4月11日、米eEye Digital Security社製のWinny検出・通信遮断ツール「eEye Winny Scanner」および「eEye Winny Monitor」の日本語版を無償公開した。「eEye Winny Scanner」は、IPアドレス範囲を指定してスキャンをかけることにより、組織内でWinnyが動作しているホストがあった場合、それらを簡単に列挙できるもの。ネットワーク負荷が少なく、高速でチェックできることが特徴。

また「eEye Winny Monitor」は、ネットワーク内に流れる暗号化されたWinny2パケットをリアルタイムに解読し、初期鍵送信パケットを検出、その接続元や接続先のIPアドレスを表示する。検出された初期鍵送信パケットによりWinnyノードを特定し、TCP接続をリセット、Winnyトラフィックを強制的に遮断できる。

http://www.scs.co.jp/news/pdf/20060411_2.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×