日立ソフト、受託先の業務情報や名簿などがWinnyウイルス感染で流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

日立ソフト、受託先の業務情報や名簿などがWinnyウイルス感染で流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は4月10日、受託先1社の情報システム開発に関する業務情報および社員が個人的に作成した名簿百数十人分が、社員が個人で所有するPCのウイルス感染により、Winnyネットワーク上に流出していたことが判明したと発表した。

流出した情報の詳細は公表されていないが、同社ではWinnyの特性上、被害の拡大を防止するため公表を控えていたとしている。なお同社では、社員や協力会社員に対し、同社から持ち出した情報が自宅PCに格納されていないことにつき3月31日までに一斉点検を実施したという。

日立ソフト:Winny による情報流出について
http://www.hitachisoft.jp/News/News377.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×