認識強化プラットフォームの最新版「Entrust IdentityGuard 8.0」を国内提供開始(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

認識強化プラットフォームの最新版「Entrust IdentityGuard 8.0」を国内提供開始(エントラストジャパン)

エントラストジャパン株式会社は3月31日、認識強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard(エントラスト アイデンティティガード)」の最新版となる8.0の国内提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エントラストジャパン株式会社は3月31日、認識強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard(エントラスト アイデンティティガード)」の最新版となる8.0の国内提供を開始した。

同製品は、複数認証を実現可能なインターネットや企業アプリケーション向けの認証強化プラットフォーム。最新版では、従来の乱数表を使用した二要素認証に加え、ユーザー使用機器の「指紋」となるIPアドレスやWebブラウザ情報等々(最大25種類)を使用する「機器認証」、複数のワンタイム・パスワードが記載されたリストを「ユーザー認証」時の追加認証として使用する「ワンタイム・パスワード・リスト認証」、携帯メール等を利用して、現認証チャンネルと別ルートでパスワード等をユーザーに告知し、認証を完了させる「アウトオブバンド認証」、本人以外が知りえない情報を提示することで認証を完了させる「ナレッジベース認証」が追加された。

また、サービス提供側のサーバの真正性をユーザーにイメージやメッセージで証明する「イメージ/メッセージ相互認証」機能も追加されており、全体的に大幅な機能強化が行われた。価格は、サーバライセンス3,307,500円(1サーバ)、ユーザーライセンス1,764,000円(1000ユーザー)〜。

http://japan.entrust.com/news/2006/0331.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×