Linux上でオンアクセススキャンを実現するウイルス対策ソフトを発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

Linux上でオンアクセススキャンを実現するウイルス対策ソフトを発表(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ソフォス株式会社は3月22日、Linuxに特化したウイルス対ソフト「Sophos Anti-Virus for Linux Version 5.0」を発表した。

同製品は、Linuxマシン上で、LinuxはもちろんWindowsその他のプラットフォームウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、ワームを検知・駆除するもの。エンタープライズ環境に特化して開発されており、Linuxカーネルへのパフォーマンスの影響を最低限に抑えた高速、高性能のスキャンを実現する。

また、20種類以上のLinuxディストリビューションをサポートし、カスタマイズされたLinuxネットワーク環境でも利用可能だ。また除外処理オプションにより、管理者がスキャンするファイルのディレクトリ、ファイルタイプ、ドライブなどを指定して、不要なスキャンを行わないことにより、パフォーマンスを最適化できる。価格は3,960円/ユーザ(100ユーザー、1年間のライセンス)。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2006/03/linuxonaccess.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×