「情報セキュリティ白書2006年版」を発行(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

「情報セキュリティ白書2006年版」を発行(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月22日、2005年にIPAに届けられた情報や一般に公開された情報を基に、セキュリティ上の10大脅威を選び今後の対策を検討した「情報セキュリティ白書2006年版」を編集、同社Webページに公開した。

同資料では、2005年に発生した注目すべき主な脅威として「SQL インジェクションの脆弱性」「Winnyを通じたウイルス感染による情報漏洩」「音楽CDに格納された“ルートキット"に類似した機能事件」がトップ3として挙げられ、「フィッシング詐欺」、「スパイウェア」、「セキュリティ製品の持つ脆弱製」、「ゼロデイ攻撃」などが続いている。

また、これらの脅威への対策として、利用者、管理者、開発者向けのさまざまな対策方法を掲載している。

http://www.ipa.go.jp/about/press/20060322.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×