「シマンテック コンシューマセキュリティトピック」を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

「シマンテック コンシューマセキュリティトピック」を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社シマンテックは3月22日、「シマンテック コンシューマセキュリティトピック」を発表した。これは、同社が世界中に配備したセンサーが検知するインターネット上の脅威に関して、半年に一度その分析情報をまとめている「インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)」を一般ユーザ向けに紹介するもの。

発表によると、全メールに占めるスパムメールの割合は平均50%で、2005年上半期から11%のポイント減少となり、スパムメールは世界的には減少傾向にある。発信国で見ると、日本発信のスパムメールの比率は3%で、2005年上半期の報告に比べ1%増加、発信国の中で第7位(前回8位)となった。

しかし、スパムメールが全体的に約10%減少したにもかかわらず、ブロックされたフィッシングメールの総数は、2005年上半期の約10億4000万件から44%増加し、約14億5000万件に達した。1日あたりのフィッシングメールの数は、前期の570万件から792万件まで増加し、ピーク時には1日1,700万件に達することもあった。これは、119通のメールにつき1通がフィッシングメールという計算になる。

シマンテック
http://www.symantec.com/region/jp/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×