S/MIMEに準拠した電子メール暗号化サーバソフトを発売(サン電子) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

S/MIMEに準拠した電子メール暗号化サーバソフトを発売(サン電子)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

サン電子株式会社は、電子メールの情報漏洩対策として、ゲートサーバ型電子署名・暗号化サーバソフト「SPIS-BOX SMS-300」を発売した。

同製品は、従来の「SPIS-BOX SMS-100、200」の電子署名自動付加機能に加え、新たに暗号化機能を追加したもの。
企業向け署名用電子証明書を一括管理し、パフォーマンスを落とすことなく安全に数万枚規模の電子証明書管理が行えるほか、暗号化に必要な相手先の公開鍵もサーバで一括管理できるため、各クライアントPCへの煩雑な設定作業を大幅に削減でき、容易に暗号化対策を実現可能。

また、ゲートサーバ型なため、既設のフィルタリングサーバやウイルス対策サーバに影響を与えることなく導入できるのも特徴。
暗号方式は、電子メールの暗号化方式の国際標準であるS/MIMEに準拠。海外との電子メールのやり取りにも安心して利用できる。

http://www.sun-denshi.co.jp/esol/info/060316.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×