Winnyなどが起動すると自動的に終了処理するセキュリティソリューションを提供(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

Winnyなどが起動すると自動的に終了処理するセキュリティソリューションを提供(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本アイ・ビー・エム株式会社は3月22日、ファイル交換ソフト「Winny」などによる情報漏洩防止ソリューションを提供すると発表した。

同ソリューションは、自社PCでWinnyなどが起動すると自動的に検知して終了処理を行い、監視サーバに報告するというもの。自宅や社外での使用など、監視サーバに接続していない時でも自動終了処理が可能で、報告は次回のサーバ接続時に行われる。
監視サーバでは、セキュリティー・ポリシーに違反したPCのリストや違反項目、パッチ導入率、PCごとのハードおよびソフト情報などを表示できる。

なお同ソリューションは、企業内ネットワークに監視サーバを設置し、接続されているクライアントPCにエージェントソフトを導入して使用する。価格はこれらのハード、ソフトに加え、導入・構築・据付サービスがパックで550万円(税別)から。

http://www-06.ibm.com/jp/press/20060322001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×