JASDAC証券取引所のシステム技術情報などが流出、日立下請け会社社員個人PCのWinnyウイルス感染で | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

JASDAC証券取引所のシステム技術情報などが流出、日立下請け会社社員個人PCのWinnyウイルス感染で

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社日立製作所は3月19日、JASDAC証券取引所や警察庁が発注した事務用システム端末設置などのシステムに関する技術情報が流出したと発表した。

発表によると、協力会社の社員の所有するPCのウイルス感染により、同情報がWinnyネットワーク上に流出していた。なお、情報流出が判明したのは2005年9月であり、同社ではWinnyの特性上、被害の拡大を防止するため公表を控えていたとしている。

日立:お客様の情報の流出について
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2006/03/0319.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×