北海道警の巡査部長、容疑者や被害者の個人情報を記録したメモリを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

北海道警の巡査部長、容疑者や被害者の個人情報を記録したメモリを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

北海道警監察官室は3月15日、北海道警札幌方面の交番に勤務する巡査部長(54歳)が、個人情報を記録したUSBフラッシュメモリを紛失していたことが判明したと発表した。

このメモリには、被害届や捜査報告書などが保存されていた。具体的には、窃盗や器物損壊、道交法違反などの容疑者、被害者、参考人など計30名の住所、氏名、職業などが記録されていたという。
同巡査長は2005年10月13日午後2時、制服のポケットにUSBメモリを入れていたが、同日午後9時ころ職務中に紛失に気づいたという。なお、このUSBメモリは所属長の承認を受けずに使用していた。

道警はこの巡査長に戒告の懲戒処分とし、上司2名にも所属長注意処分を行ったとしている。



北海道警察
http://www.police.pref.hokkaido.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×