ANA、空港施設に入るための暗証番号などの情報がWinny経由で流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

ANA、空港施設に入るための暗証番号などの情報がWinny経由で流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

全日本空輸株式会社(ANA)は3月15日、国内29空港の同社施設や搭乗ゲートの暗証番号が流出していたと発表した。これは、昨年11月8日に国土交通省の指摘で発覚したもので、同社では11月11日にこれらの暗証番号を変更している。

発表によると、同社大阪乗務センター所属の運行乗務員が同ファイルを自宅に持ち帰り、個人用PCに保存しており、このPCがWinnyウイルスに感染し情報が流出したとしている。同社ではこの乗務員を厳重注意としたほか、全社員に対してファイル交換ソフトに関する注意喚起を通達している。

ANA
http://www.ana.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×