ジパング倶楽部の会員情報の新たな流出を確認、43万人全員の可能性も | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

ジパング倶楽部の会員情報の新たな流出を確認、43万人全員の可能性も

西日本旅客鉄道株式会社は3月14日、同社が運営する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報の流出が新たに確認されたと発表した。これは同事務局に会員から「株のセールスの電話があった」との問い合わせが数件あったことから調査を行った結果、判明したもの。新たに流出が

製品・サービス・業界動向 業界動向
西日本旅客鉄道株式会社は3月14日、同社が運営する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報の流出が新たに確認されたと発表した。これは同事務局に会員から「株のセールスの電話があった」との問い合わせが数件あったことから調査を行った結果、判明したもの。新たに流出が確認された会員情報は1,360人分で、内容は氏名、生年月日、住所、郵便番号、電話番号となっている。

ジパング倶楽部の会員情報は、昨年12月16日に126,680人分が流出したことが確認されているが、今回確認された会員情報も、前回と同様に平成15年8月29日時点のものであることが判明したという。このため、この時点での会員情報すべて(436,967人分)が流出している可能性もあるとしている。

JR西日本:ジパング倶楽部会員情報の流出のその後の状況について
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/060314a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×