Winnyによる情報流出に関する情報の公開および関連ウイルス駆除ツールの改良を実施(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

Winnyによる情報流出に関する情報の公開および関連ウイルス駆除ツールの改良を実施(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マイクロソフト株式会社は3月15日、Telecom-ISAC Japanの要請を受け、Winnyに感染する暴露ウイルス「Antinny」ワームへの対応を強化した。同社は、セキュリティ更新プログラムと同時に毎月定期的に提供されるウイルス、ワーム駆除ツールとして「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を米国時間で毎月第2火曜日(日本時間水曜日)に配信されているが、3月15日時点では、同ツールにより情報漏洩に関連する43の暴露ウイルスの駆除が可能となっている。

また同社は、Winnyに関するセキュリティ情報の公開をWebを通じて開始すると発表した。サイトでは、企業や家庭で、Winnyを利用する際に注意するための説明資料を公開、セキュリティ上の脅威、対策方法などが分かりやすく説明されている。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2618
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×