「非接触型手のひら静脈認証装置」の新バージョン、35×35ミリの超小型サイズに(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

「非接触型手のひら静脈認証装置」の新バージョン、35×35ミリの超小型サイズに(富士通)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

富士通株式会社は3月9日、株式会社富士通研究所と共同で「非接触型手のひら静脈認証装置」の小型・高性能版を開発、販売を開始したと発表した。

また、新製品リリースにあわせ、世界統一ブランド「PalmSecure」を新採用した。新バージョンでは、従来の高認証精度/高適用率などの特長を継承しつつも、35×35ミリという4分の1のサイズまで小型化し、また認証速度の高速化をはじめとする各種性能向上、低コスト化も実現した。

また今回、サンプルアプリケーション、認証率評価ツールなどを同梱した英日対応の「SDK(Software Development Kit)」の提供も開始。ユーザは、自らの発想による組み込み製品・アプリケーションの開発を自由かつ容易に行うことができるようになる。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2006/03/9.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×