2月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況を発表、冒頭で「Winny」による情報漏洩を警告(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

2月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況を発表、冒頭で「Winny」による情報漏洩を警告(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、2月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況を発表した。今回は冒頭で、たびたび報道されているファイル交換ソフト「Winny」による情報漏洩事故に言及しており、同ソフトの使用上の注意や対象ウイルス感染への注意を呼びかけている。2月のウイルス検出数は約256万個で、1月(約413万個)より約4割減少した。これは12月に多数の検出された「W32/Sober」の当該亜種が完全に収束したためで、届出件数は4,324件と、1月の4,499件から3.9%の減少にとどまっている。また、今回は「OSX/Inqtana」というMacintoshを対象としたウイルスの届出があったことを取り上げ、Windows以外でもウイルスが蔓延する可能性があると注意を促している。不正アクセスの2月の届出件数は26件で、そのうち被害のあった件数は15件。内訳は、侵入9件、DoS 攻撃2件、アドレス詐称1件、その他(被害あり)3件だった。相談では、「ワンクリック不正請求」に関するものが相変わらず多く168件も寄せられ、そのうちほぼ9割がスパイウェア等の不正なプログラムを埋め込まれたケースとなっていると報告している。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2006/03outline.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  7. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  8. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×