全てのPCの操作ログをユーザーに代わって収集・分析する「フォレンジックサービス」を3月8日より提供開始(NTT東日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

全てのPCの操作ログをユーザーに代わって収集・分析する「フォレンジックサービス」を3月8日より提供開始(NTT東日本)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、事業の継続性を確保するために必要なサービスをトータルに提供する「BCPソリューション」の第2弾メニューとして、情報漏洩の原因を特定する際に有効なPCの操作ログの取得・保管・分析をユーザーに代わって行う「SeCIO フォレンジックサービス」を3月8日より開始すると発表した。

同サービスは、フォレンジックツールの「SEER INNER(シーア インナー)」を活用して、全てのPCの共有ファイルへのアクセス・メール送信・インターネット閲覧等の操作ログを自動的に収集し、同社のセキュリティ・オペレーションセンタにて、コンプライアンス違反の有無等について分析した後、その結果を簡易にまとめたログ監査レポートとして毎月提供するというもの。

収集した操作ログは、同社データセンタにて厳重に保管。災害による操作ログの消失や外部への操作ログの漏洩を防止する。また、監査レポートは、カスタマイズ可能で、ユーザーのセキュリティポリシーに合わせたより精度の高いレポートを提供することもできる。
料金は、初期費用が450万円〜、月額料金35万円〜。

http://www.ntt-east.co.jp/release/0602/060223.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×