リモートアクセス検疫サービスを3月より提供開始(KDDI) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

リモートアクセス検疫サービスを3月より提供開始(KDDI)

KDDI株式会社は2月15日、同社の法人向けリモートアクセスサービス「IRAS II」「SSL-VPN GW」「CPA」において、アクセスするPCのセキュリティ対策状況をチェックする検疫サービス「セキュアコンタクト」を3月1日より順次開始すると発表した。セキュアコンタクトは、IP-VP

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
KDDI株式会社は2月15日、同社の法人向けリモートアクセスサービス「IRAS II」「SSL-VPN GW」「CPA」において、アクセスするPCのセキュリティ対策状況をチェックする検疫サービス「セキュアコンタクト」を3月1日より順次開始すると発表した。セキュアコンタクトは、IP-VPN等で構築された顧客のイントラネットへリモートアクセスするPCに対して、セキュリティポリシーの適合性を判定、ワームやウイルス感染の危険性が高いPCを接続不可にできるもの。

また、端末認証(PC)オプションを利用することで、登録PCからのリモートアクセスのみ接続が可能となるため、セキュリティ対策が不十分な可能性のある個人PCや、ネットカフェなどからの接続を拒否することも可能だ。料金は、検疫基本機能は1IDあたり月額630円、端末認証オプションは1IDあたり月額420円となる。

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/0215/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×