セキュリティ対策とTCOの削減を同時に実現可能なノート型シンクライアントを発表(アプティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

セキュリティ対策とTCOの削減を同時に実現可能なノート型シンクライアントを発表(アプティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本ビジネスコンピューター(JBCC)の子会社の株式会社アプティは、セキュリティ対策とTCOの削減を同時に実現可能にする、ノート型シンクライアント「SecureTerminal Note(セキュアターミナル・ノート)T711E、T711EM」を発表した。

本製品は、IBMメインフレームおよびIBM System i5(iSeries、AS/400)と直接接続できる端末エミュレータを搭載したノート型シンクライアントPC。内蔵HDDはなく、外部記憶装置の接続を制限することができるので、情報の外部への持ち出し、ウイルスによる感染等のリスクを低減できる。
また、OSやアプリケーション等のソフトウェアのインストール、バージョンアップ、ライセンス管理が不要なため、運用コストを大幅に削減できる。T711EMモデルは、ディスプレイセッションに加えプリンタセッションも同時サポート。端末の一括管理を実現するSNMP管理ツールも無償で提供される。価格はオープン。

http://www.jbcc.co.jp/information/news_index82.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×