トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は2月6日、1月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、1月のウイルス感染被害の総報告数は7,593件で、先月の7,363件からわずかに増加した。感染被害件数はスパイウェア「SPYW_GATOR」が324件で最も多く連続での1位となった。2位には147件で「ADW_SHOPNAV」、3位には101件で「ADW_WEBSEARCH」と、アドウェアが上位を占めた。

4位の「EXPL_WMF.GEN」は、年初に発生した脆弱性に対するセキュリティパッチが存在しない状態における攻撃である「ゼロデイアタック」であった。これまでにも小規模なゼロデイアタックは何回か確認されていたが、今回の「Graphics Rendering Engine の脆弱性によりコードが実行される可能性がある(MS06-001)」については、これを悪用したウイルスとして1月末までに40種類以上の亜種が発見される大規模な攻撃となった。

トレンドマイクロ:ウイルス感染被害レポート - 2006年1月度
http://www.trendmicro.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×