あいおい損保、約8千件の契約者情報を記録したCD-ROMを紛失 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

あいおい損保、約8千件の契約者情報を記録したCD-ROMを紛失

あいおい損害保険は2月2日、同社が保険契約に係る事務を委託している関連会社(株式会社あいおい事務サービス:IJS社)に保管させていたCD-ROMの一部に紛失したものがあることが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
あいおい損害保険は2月2日、同社が保険契約に係る事務を委託している関連会社(株式会社あいおい事務サービス:IJS社)に保管させていたCD-ROMの一部に紛失したものがあることが判明したと発表した。

紛失したCD-ROMは、2005年5月分自動車保険継続契約の一部のバックアップデータであり、7,945件の顧客氏名、住所、電話番号、車種、登録番号、車台番号などが収録されていた。昨年12月中旬、IJS社が過去分のCD-ROMの整理を行ったところ、2005年5月分のCD-ROM(正・副2枚)が所在不明となっていることに気づいた。ただちに社内の捜索を行ったが発見できず、1月5日に紛失との報告がされた。なお、現時点において、同情報の不正使用などの事実は確認されていないとしている。

あいおい損保:お客さま情報が収録されたCD−ROMの紛失について
http://www.ioi-sonpo.co.jp/corporate/news/NewsDtl.aspx?news_id=2006020200545
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×