JVN、長崎県電子県庁システムにSQLインジェクションの脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

JVN、長崎県電子県庁システムにSQLインジェクションの脆弱性

JVN(JP Vendor Status Notes)は2月3日、長崎県電子県庁システムにSQLインジェクションの脆弱性が存在すると発表した。本システムは長崎県が開発したシステムで、オープンソースとして公開されている。先月は認証機能に脆弱性が発見されている。

製品・サービス・業界動向 業界動向
JVN(JP Vendor Status Notes)は2月3日、長崎県電子県庁システムにSQLインジェクションの脆弱性が存在すると発表した。本システムは長崎県が開発したシステムで、オープンソースとして公開されている。先月は認証機能に脆弱性が発見されている。

影響を受けるシステムは「年次休暇システム」「WEB職員録システム」「文書保管システムで、この問題が悪用されると、リモートからデータベース内容の改竄やデータの盗難などが行なわれる可能性がある。なお、この情報は産業技術総合研究所 情報セキュリティ研究センターからIPAに報告があり、JPCERT/CCがベンダとの調整を行い発表された。

長崎県電子県庁システム
http://osvfn.com/

JVN、長崎県電子県庁システムにおけるSQLインジェクションの脆弱性
http://jvn.jp/jp/JVN%2341550845/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×