「我が国におけるインターネット治安情勢の分析について」2005年度第3四半期分データを発表(警察庁) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

「我が国におけるインターネット治安情勢の分析について」2005年度第3四半期分データを発表(警察庁)

警察庁のサイバーフォースセンター(CFC)は、インターネット治安情勢として定期的に発表している「我が国におけるインターネット治安情勢の分析について」を更新し、2005年度第3四半期分として公表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁のサイバーフォースセンター(CFC)は、インターネット治安情勢として定期的に発表している「我が国におけるインターネット治安情勢の分析について」を更新し、2005年度第3四半期分として公表した。

同センターでは、全国の警察施設のインターネット接続点に設置されたファイアウォールおよび侵入検知システム(IDS)を24時間体制で監視し、攻撃状況等のデータ分析を行っている。

今報告によれば、同期における外部ネットワークからのファイアウォールに対する総アクセス件数は約1,408,000件(前期比約220,000件減少)、一方で侵入検知装置におけるアラートの総検知件数は約151,000件(前期比約15,000件増加)となっている。

ファイアウォールに対するアクセスでは、12月中旬にbot系ワームの感染活動と思われる一時的な急増が135番ポートに見られたものの、445番、139番ポートを含め全体的には引き続き減少傾向を示している。逆にIDSは、前期7月から増加し高い件数で検知している「SQL Slammer ワーム」が依然として活発で、前期比約13%増という結果となった。また「Scan」「BackDoor」「ICMP」については、それぞれ約17%減、43%減、23%減と、いずれも減少している。

http://www.cyberpolice.go.jp/detect/pdf/20060126.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×