情報漏洩防止ソフト「時限くん ver2.0」を発売開始、大規模環境向けのEnterprise版を新たに追加(エヌ・エス・イー、アイ・エックス・アイ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

情報漏洩防止ソフト「時限くん ver2.0」を発売開始、大規模環境向けのEnterprise版を新たに追加(エヌ・エス・イー、アイ・エックス・アイ)

株式会社エヌ・エス・イー(NSE)と株式会社アイ・エックス・アイ(IXI)は、ファイルを自動消滅させたり、様々な利用規制を行える情報漏洩防止ソフト「時限くん」をバージョンアップし、「時限くんライター Standard / Enterprise ver2.0」として発売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社エヌ・エス・イー(NSE)と株式会社アイ・エックス・アイ(IXI)は、ファイルを自動消滅させたり、様々な利用規制を行える情報漏洩防止ソフト「時限くん」をバージョンアップし、「時限くんライター Standard / Enterprise ver2.0」として発売を開始した。

同ソフトは、ファイル単位で、暗号、時限・回数自動削除、コピー、編集、印刷等の利用規制付与が可能な情報漏洩防止ソフト。最新版2.0では、これまでの製品を小中規模環境向けの「Standard版」として位置づけてバージョンアップしたほか、新たに大規模環境向けとして「Enterprise版」を追加した。機能的には、ショートカットアイコンへのドラッグ&ドロップによる時限くんファイル生成機能が追加された。
また、Enterprise版では、さらにポリシーの一元管理機能、ユーザー毎に利用可能な機能を指定できるカスタム管理機能を搭載し、トータルセキュリティマネジメントに配慮している。価格はオープン。

http://www.nse-web.co.jp/release_200601.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×