米AMDサイトにExploitコードを含むWMFファイルが埋め込まれる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

米AMDサイトにExploitコードを含むWMFファイルが埋め込まれる

製品・サービス・業界動向 業界動向

米F-Secure社のF-Secure Security Labsは1月30日(現地時間)、米AMDサイトに危険なファイルが埋め込まれていることを確認したとして、同サイトにアクセスしないよう呼びかけている。AMDのユーザディスカッションフォーラムのページで確認されたファイルは「xpladv586.wmf」というファイルで、サイトを開くとダウンロードされる仕組みになっていた。

このファイルが実行されると、「Graphics Rendering Engine の脆弱性によりコードが実行される可能性がある (912919) (MS06-001)」のセキュリティホールが解決されていない環境では、この脆弱性が悪用されてしまう。また、ファイルには「http[colon]//toolbardollars[dot]biz/dl/adv586.php」を含むコードが隠されていた。

F-Secure Security Labs:Exploits from AMD?
http://www.f-secure.com/weblog/archives/archive-012006.html#00000795
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×