総合型セキュリティアプライアンスの日本発売を開始(京セラコミュニケーションシステム) | ScanNetSecurity
2020.11.01(日)

総合型セキュリティアプライアンスの日本発売を開始(京セラコミュニケーションシステム)

京セラコミュニケーションシステム株式会社は1月26日、米Lockdown Networks社と業務提携を行い、総合型セキュリティアプライアンス「Lockdown Enforcer」の日本における独占販売代理店契約を締結したと発表した。3月1日より同製品を提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
京セラコミュニケーションシステム株式会社は1月26日、米Lockdown Networks社と業務提携を行い、総合型セキュリティアプライアンス「Lockdown Enforcer」の日本における独占販売代理店契約を締結したと発表した。3月1日より同製品を提供開始する。

同製品は、ネットワーク上のすべてのIP機器に対するポリシーエンフォースメントを、NACを利用して実現する統合型のアプライアンス。802.1x認証やRADIUS、LDAP、Windowsのドメイン認証と連携が可能なため、既存の認証機能をそのまま利用することが可能。また、検疫検査対象は、PCやサーバ、IP電話やPDA、プリンタといったIP機器全般が含まれているため、さまざまなIP機器が存在する大規模なネットワークにも対応する。

http://www.kccs.co.jp/press/release/060126.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×