既存のネットワークに容易に導入できる認証検疫アプライアンス「iBAQSシリーズ」発売(アライドテレシス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

既存のネットワークに容易に導入できる認証検疫アプライアンス「iBAQSシリーズ」発売(アライドテレシス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

アライドテレシス株式会社は1月25日、認証検疫アプライアンス「iBAQSシリーズ」の受注を同日より開始したと発表した。同シリーズは、iBAQSサーバと、対応ネットワーク機器集中管理システム(CentreCOM 8324XL、8424XL、8424TXの3機種に対応)、F-Secureアンチウイルス ワークステーション版(バンドル)から構成されており、サーバと対応ネットワーク機器を追加するだけで、容易に導入できる。

iBAQSサーバは、対応ネットワーク機器から通知される端末情報を元に、PC1台単位でのアクセスコントロールを実現。不正PCはネットワーク接続が制限されるため、内部ネットワークのセキュリティが向上するほか、正規PCであってもアンチウイルスソフトで検疫を行うこで、万全のセキュリティ対策が施されていないPCはネットワークへの接続が制限される。

http://www.allied-telesis.co.jp/info/news/2006/nr060125.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×