知識のほかに実務経験も必要とする「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験」を実施(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

知識のほかに実務経験も必要とする「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験」を実施(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、新たな情報処理技術者試験として「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験(SV)」を4月から実施すると発表した。IPAが2001年から行っている「情報セキュリティアドミニストレータ試験(SU)」に続く2番目の試験となり、SUは「情報システム利用者側の試験」であることに対し、今回新たに開始されるSVは、「情報システム技術者側の試験」として位置づけられる。

SVの試験形式は「テクニカルエンジニア試験」と同じで多肢選択式、記述式、論述式(事例解析)で行われ、ネットワークやセキュリティのほか、データベース、コンピュータ・システムなどの問題が出題される。なお、合格するには幅広い知識に加え、情報セキュリティ関連の実務経験が必要となる。試験日は4月16日で、1月16日から申し込み受付が開始されている。受験料は5,100円。

http://www.jitec.jp/index-ipa.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×