シマンテックのシステム保護、管理ソフトにもrootkitにからむ脆弱性(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

シマンテックのシステム保護、管理ソフトにもrootkitにからむ脆弱性(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シマンテックは1月10日、同社のシステム保護、管理ソフト「Norton SystemWorks」に含まれる「Norton Protected Recycle Bin」機能にセキュリティホールが発見されたと発表した。この機能はMicrosoft Windows Recyclerディレクトリに格納されているが、本機能が格納されるNProtectディレクトリはWindows APIから隠されており、ウイルススキャンが実行されない可能性がある。

この機能はrootkitの役割をしているが、この機能が格納されるディレクトリに悪意のあるファイルを置くことでウイルススキャンを回避され、PC上で悪意あるファイルを実行される危険性がある。同社ではこの脆弱性を解消するため、「LiveUpdate」を実行するよう呼びかけている。

http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/security/content/2006.01.10.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×