悪意あるrootkitアプリケーションからユーザをプロアクティブに保護する技術を開発 (キヤノンシステムソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

悪意あるrootkitアプリケーションからユーザをプロアクティブに保護する技術を開発 (キヤノンシステムソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

キヤノンシステムソリューションズは1月13日、スロバキアのEset社が「rootkit」と呼ばれる脅威を事前対応的に検出する技術を開発したと発表した。rootkitは、感染システム上で自らを隠蔽し、アンチウイルスソフトによる検出を免れようとするする特殊なマルウェア。

従来型のマルウェアは、最新のシグネチャを適用したうえでスキャンを行うことで駆除が可能だが、rootkitの場合は、最新シグネチャを適用した状態でシステムスキャンを行っても検出されない。このため、システムへの侵入が行われようとした時点で、侵入をプロアクティブにブロックする技術を開発。EsetのチーフソフトアーキテクトRichard Markoは「同検出技術は、ThreatSenseテクノロジーの一部である新世代のインテリジェントシグネチャに基づくもの。真に革新的な方法でEsetのテクノロジーに実装されている」と語った。

http://canon-sol.jp/product/nd/esetnews/index.html#rk
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×