楽天のデータベースに不正アクセスを行った元社員に有罪判決 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

楽天のデータベースに不正アクセスを行った元社員に有罪判決

製品・サービス・業界動向 業界動向

東京地裁は1月12日、楽天株式会社のサーバに不正アクセスを行い、約36,000件の顧客情報を入手、漏洩させた元輸入雑貨販売会社社員、橋本安弘被告(33歳)に対して懲役8ヶ月、執行猶予3年を言い渡した。

同地裁の平木正洋裁判官は「犯行は悪質で、楽天は信用が低下するなど大きな迷惑を被り、結果も重大だが、被告は反省もしている」と述べた。

楽天株式会社
http://www.rakuten.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×