Linuxなどの各種OSに対応した暗号ライブラリ「C4CS Lite」を発売(シーフォーテクノロジー) | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

Linuxなどの各種OSに対応した暗号ライブラリ「C4CS Lite」を発売(シーフォーテクノロジー)

株式会社シーフォーテクノロジーは12月19日、暗号ライブラリ「C4CS」のラインアップに、LinuxやSolaris、Mac OSなどの各種OSにも対応する「C4CS Lite」を追加、同日より発売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社シーフォーテクノロジーは12月19日、暗号ライブラリ「C4CS」のラインアップに、LinuxやSolaris、Mac OSなどの各種OSにも対応する「C4CS Lite」を追加、同日より発売を開始した。

C4CSは、AESなどの電子政府推奨暗号などを多数搭載した、Windows対応の暗号ライブラリ。C4CS LiteがあらゆるOSに対応したことで、クライアント/サーバシステム・UNIX・Linux系ソリューションなどの構築を推進するSIerや、新たな情報セキュリティ製品の開発や機能性向上を目指すメーカーにおいて、C4Tの暗号技術の採用を一層促進させることができる。
なお、C4CS Liteについて、C4CSと同様に米国政府機関の調達要件「FIPS 140-2」の適合認定を取得するべく申請を行っている。

http://c4t.jp/news/press/2005/press_20051219.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×