米政府機関がRSA Federated Identity Managerを採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

米政府機関がRSA Federated Identity Managerを採用(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

RSAセキュリティ株式会社は12月19日、米RSA Security,Inc.の「RSA Federated Identity Manager」が米政府機関である米財務省財務管理局および人事管理局に採用されたと発表した。
これは、連邦政府の「E-Authentication Initiative」に関連した要件に適合するためのもので、電子アイデンティティの確立と使用に標準化されたプロセスを提供し、アイデンティティと電子署名の確認を目的として、連邦機関がソリューションを別々に開発する必要を失くすことを狙いとしたもの。
これらの機関は、RSA Federated Identity Managerを採用することで、SAML(Security Assertion Markup Language)標準に基づいた技術を利用して政府の省庁や部局、民間企業の間で、トラステッド・アイデンティティを簡単かつ安全に共用できるようになる。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200512191.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×