NTT東日本の元社員個人のPCがWinnyウイルスに感染、個人情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

NTT東日本の元社員個人のPCがWinnyウイルスに感染、個人情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

東日本電信電話株式会社は12月19日、同社の法人顧客情報と社員情報がインターネット上に流出していることが判明したと発表した。これは同社の元社員の個人用PCがWinnyウイルスに感染したことが原因としている。この元社員は平成16年6月に退職しているが、在職時の業務関連ファイルが個人用PCに保管されていた。

流出した個人情報は、同社の法人顧客の名称と電話番号が11件、および平成15年頃に同社に在籍していた社員の氏名、氏名コード、所属、異動月日、通勤費に関する情報179件であった。同社では従来から業務関連ファイルなどの社外への持ち出しを禁止しているが、今回の事件を重く受け止め社員教育をいっそう徹底し、情報管理をさらに強化していくとしている。

NTT東日本:法人のお客様情報及び弊社社員情報の流出に関するお詫びとお知らせ
http://www.ntt-east.co.jp/tokyo/release/2005/051219a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×