「ASP事業者向け認証強化プログラム」が「A.S.I.A.」に採用(RSAセキュリティ、エイジアン・パートナーズ) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

「ASP事業者向け認証強化プログラム」が「A.S.I.A.」に採用(RSAセキュリティ、エイジアン・パートナーズ)

RSAセキュリティ株式会社は12月13日、株式会社エイジアン・パートナーズが開発、販売する多言語、多通貨、多基準対応のERPパッケージ「A.S.I.A.」の認証に「RSA SecurID」が採用されたと発表した。今回採用された「A.S.I.A. G-BTO program」はASPで提供されるサービスで

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
RSAセキュリティ株式会社は12月13日、株式会社エイジアン・パートナーズが開発、販売する多言語、多通貨、多基準対応のERPパッケージ「A.S.I.A.」の認証に「RSA SecurID」が採用されたと発表した。今回採用された「A.S.I.A. G-BTO program」はASPで提供されるサービスで、各国の同社現地法人から直接サポートを提供できる国産唯一のERPパッケージ。

エイジアン・パートナーズは「A.S.I.A.G-BTO program」は、インターネット経由のASPで提供され、海外での利用が多いと想定されることからセキュリティ確保が最優先であると考え、本人認証にRSA SecurIDを採用したという。RSA SecurIDの採用により、ログイン画面でRSA SecurIDトークンに表示されたワンタイム・パスワードを入力、認証確認を経てアプリケーションを使う仕組みとなり、基幹業務データへのアクセス時の安全性が大幅に向上する。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200512131.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×