AOLを使用し、チャットによって感染を拡大するワームが発見 | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

AOLを使用し、チャットによって感染を拡大するワームが発見

複数のセキュリティベンダが、AOL(America Online)のチャット機能(AIM)を利用して感染を広げるワームが確認されたとして注意を呼びかけている。

製品・サービス・業界動向 業界動向
複数のセキュリティベンダが、AOL(America Online)のチャット機能(AIM)を利用して感染を広げるワームが確認されたとして注意を呼びかけている。

「IM.Myspace04.AIM」と呼ばれるこのワームは、AIMのメッセージとともにURLを送ってくる。このリンクをクリックすると、RootKitタイプのワームをダウンロードし、実行される。このワームはマスメーリング動作を含む複合脅威型で、別のワームもバンドルされているという。

FaceTime:Instant Messenger RootKit Worm Tied to Worldwide Bot Network
Controlled by Group in Middle East
http://www.facetime.com/pr/pr051117.aspx

FaceTime:Worm Propagating On AOL Instant Messenger Installs Rootkit
http://www.facetime.com/pr/pr051028.aspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×