AOLを使用し、チャットによって感染を拡大するワームが発見 | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

AOLを使用し、チャットによって感染を拡大するワームが発見

複数のセキュリティベンダが、AOL(America Online)のチャット機能(AIM)を利用して感染を広げるワームが確認されたとして注意を呼びかけている。

製品・サービス・業界動向 業界動向
複数のセキュリティベンダが、AOL(America Online)のチャット機能(AIM)を利用して感染を広げるワームが確認されたとして注意を呼びかけている。

「IM.Myspace04.AIM」と呼ばれるこのワームは、AIMのメッセージとともにURLを送ってくる。このリンクをクリックすると、RootKitタイプのワームをダウンロードし、実行される。このワームはマスメーリング動作を含む複合脅威型で、別のワームもバンドルされているという。

FaceTime:Instant Messenger RootKit Worm Tied to Worldwide Bot Network
Controlled by Group in Middle East
http://www.facetime.com/pr/pr051117.aspx

FaceTime:Worm Propagating On AOL Instant Messenger Installs Rootkit
http://www.facetime.com/pr/pr051028.aspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×