ワンタイムパスワードによりASPサービスの認証強化を支援(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2022.06.30(木)

ワンタイムパスワードによりASPサービスの認証強化を支援(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は12月8日、ワンタイムパスワード「RSA SecurID」を利用してASP方式のサービスへのログイン認証を強化する「ASP事業者向け認証強化プログラム」を同日より開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
RSAセキュリティ株式会社は12月8日、ワンタイムパスワード「RSA SecurID」を利用してASP方式のサービスへのログイン認証を強化する「ASP事業者向け認証強化プログラム」を同日より開始したと発表した。

同プログラムは、5月より提供している「オンライン会社向け認証強化プログラム」の適用範囲をASPビジネスに拡大したもの。ASPサービス事業者は、提供するアプリケーションやアプリケーションに付随するサービスに企業ユーザがログインする際、本人認証にRSA SecurIDを利用させることで、複雑で覚えられないパスワードや頻繁なパスワード変更の手間を伴わずにアクセスさせることが可能だ。

また、人事管理や給与管理のアプリケーションのように、社内の一部のユーザのみ利用する場合は、該当者にRSA SecurIDを持たせるだけで利用者が限定できる。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200512081.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×