ワンタイムパスワードによりASPサービスの認証強化を支援(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

ワンタイムパスワードによりASPサービスの認証強化を支援(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は12月8日、ワンタイムパスワード「RSA SecurID」を利用してASP方式のサービスへのログイン認証を強化する「ASP事業者向け認証強化プログラム」を同日より開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
RSAセキュリティ株式会社は12月8日、ワンタイムパスワード「RSA SecurID」を利用してASP方式のサービスへのログイン認証を強化する「ASP事業者向け認証強化プログラム」を同日より開始したと発表した。

同プログラムは、5月より提供している「オンライン会社向け認証強化プログラム」の適用範囲をASPビジネスに拡大したもの。ASPサービス事業者は、提供するアプリケーションやアプリケーションに付随するサービスに企業ユーザがログインする際、本人認証にRSA SecurIDを利用させることで、複雑で覚えられないパスワードや頻繁なパスワード変更の手間を伴わずにアクセスさせることが可能だ。

また、人事管理や給与管理のアプリケーションのように、社内の一部のユーザのみ利用する場合は、該当者にRSA SecurIDを持たせるだけで利用者が限定できる。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200512081.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×