US-CERT、2006年1月5日前後にSober.Xが自動更新すると警告 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

US-CERT、2006年1月5日前後にSober.Xが自動更新すると警告

製品・サービス・業界動向 業界動向

US-CERTは12月7日、世界的に感染を拡大したワーム「Sober.X」に自動更新機能が搭載されていることが判明したと発表した。

Sober.Xは、11月15日に繁殖を始めたマスメーリングワーム。発表によると、この自動更新機能は2006年1月5日前後に実行され、すでにSober.Xに感染しているPCが自動更新機能を受け取ることになるという。

更新によってシステムのセキュリティ保護を危うくするコードが実行される可能性があるとして、注意を呼びかけている。

US-CERT Current Activity:Automatic Update Functionality in Sober.X Worm
http://www.us-cert.gov/current/current_activity.html#soberx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×