US-CERT、2006年1月5日前後にSober.Xが自動更新すると警告 | ScanNetSecurity
2022.05.21(土)

US-CERT、2006年1月5日前後にSober.Xが自動更新すると警告

US-CERTは12月7日、世界的に感染を拡大したワーム「Sober.X」に自動更新機能が搭載されていることが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
US-CERTは12月7日、世界的に感染を拡大したワーム「Sober.X」に自動更新機能が搭載されていることが判明したと発表した。

Sober.Xは、11月15日に繁殖を始めたマスメーリングワーム。発表によると、この自動更新機能は2006年1月5日前後に実行され、すでにSober.Xに感染しているPCが自動更新機能を受け取ることになるという。

更新によってシステムのセキュリティ保護を危うくするコードが実行される可能性があるとして、注意を呼びかけている。

US-CERT Current Activity:Automatic Update Functionality in Sober.X Worm
http://www.us-cert.gov/current/current_activity.html#soberx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×