SONY BMG、XCP以外のコピー制限技術にもPC乗っ取りの危険性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.24(木)

SONY BMG、XCP以外のコピー制限技術にもPC乗っ取りの危険性

製品・サービス・業界動向 業界動向

SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENTは、同社の音楽CDに搭載されていたコピー制限技術「XCP」だけでなく、「MediaMax」にも脆弱性が確認されたと発表した。

このソフトはPC内に「SunnComm Shared」というフォルダを作成するが、誰でも読み書きできるパーミッションが設定されているため、外部から悪意あるファイルを書き込まれる可能性がある。

SONY BMGでは修正プログラムの配布を行うとともに、MediaMaxの削除サービスも開始している。

Sony BMG:SunnComm Makes Security Update Available To Address Recently Discovered Vulnerability On Its MediaMax Version 5 Content Protection Software, Which Is Included On Certain SONY BMG CDs
http://sonybmg.com/mediamax/statement.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×